出版社の担当編集者には、この人と仕事がしたい、また一緒に仕事がしたいと思わせなくてはなりません。
そのためには、出版社の担当編集者が著者に求めている能力を把握しておきましょう。

出版社の担当編集者が著者に求めている能力は3つです。

○編集力
この企画をこの読者ターゲットに届けるためには、何をどうすれば伝わるのか、どうやって表現すれば伝わるのか、というようなことを考えられる能力です。
そういうことを意識した原稿と、意識しないで書かれた原稿では雲泥の差があります。

○コピー力
直接的にコピー力が必要なわけではありませんが、タイトルや章タイトル、節タイトルは、キャッチコピーのようなものです。
そういうところに光るものがあると、企画は通りやすくなります。

○自己管理力
締め切りの厳守や体調管理など、一緒に仕事をする上で、お互いに信頼関係が作れるかどうかはかなり重要なポイントになります。
打ち合わせの中でも、そういうのはチェックされていると思った方がいいでしょう。

この3つの能力が備わっていれば、著者としてブレがないはずです。
著者のブレは編集者に嫌われますので、注意しましょう。