よく出版プロデューサーのセミナーに参加すると、必ず、以下の2パターンの話しが出ます。

「出版社は企画を探しているので、どんどん企画書を送りましょう」

「出版社は企画を募集しているわけではないので、送っても読んでくれません」

一見、真逆の話しですが、実はそうでもありません。

正解は、次の通りです。

「出版社は企画を探しているが、募集はしていません」

出版社は、いつでも面白そうな企画、売れそうな企画を探しています。

しかし、あくまでも探しているのは、面白そうな企画や売れそうな企画です。

つまり、素人が考えた売れるかどうかもわからない企画や自己満足の企画は探しておりませんし、そもそも素人が考えた企画自体を募集しておりません。

お金持ちになる方法と同じです。

お金持ちになる方法は誰しもしりたいと思いますが、何処の馬の骨とも知れない胡散臭いお金持ちになる方法は求めてはいないですよね。

企画書を読むかどうかについても、一応、目を通そうとはしてくれます。

そして、しっかりとした腑に落ちる内容であれば、企画書も最後まで読んでもらえますし、そこから出版につながることもあるでしょう。

逆に最後まで読む課程で、少しでも納得できなければ、最後まで読まれません。

つまり、しっかりと面白そうな企画、売れそうな企画にまとめあげれば、出版社は誠実に対応してくれるというコトです。

ちなみに、大々的に「企画募集」「原稿募集」をしている出版社は自費出版や共同出版の可能性が高いので、逆に要注意です。

パッと見で商業出版の出版社か自費出版や共同出版の出版社かを見極めるのは、両方やっている出版社もありますので、無理だと思います。