出版社に対する書籍の出版企画書の作り方ですが、長々と書いたところで、編集に最後まで読んではもらえません。

必要な項目だけをコンパクトにまとめ、A4サイズの用紙で1枚程度で作成してください。
補足的な内容を続けて2枚目、3枚目にまとめても構いません。

企画書を紙やファックス、郵送などで出版社の担当者に見てもらえるのであれば、ワードやパワーポイントのファイルやPDFファイルで作成しましょう。

ただし、あまりゴチャゴチャ作りこむのではなく、項目名を太字にするぐらいで構いません。

メールで送信する場合は、必ず、テキストファイルで作成してください。

テキストファイル以外のファイルを添付して送信すると、テキストファイルに比べ、著しく閲覧率が下がりますので、気をつけてください。