書くコトが決まったら、まず企画書を書いてみましょう。

企画書を書くことで、誰に、何を伝えたいのかなど、本のイメージがより鮮明になり、頭の中が整理されます。

出版社へ売り込みをする場合、企画書は必要不可欠なツールですので、事前に企画書を書きながら頭の中を整理したとしても、その企画書は無駄にはなりません。

企画書に記載する事項(必須項目)については、以下の6項目になります。

・書名案
・企画概要

・著者プロフィール

・販売協力
・読者ターゲット

・構成案

他にもある以下の項目は、上記の項目を補完する項目だと思ってください。

・企画意図

・市場規模
・類書

・仕様
・納期
・その他