今まで、たくさんの企画書に目を通しましたが、企画書で大切なことは、その企画書を読んでどういう本が出来上がるのかがイメージできることだと思います。
そのためには、どんな人が、どんな切り口で、どんな構成で書かれるのかが、出版社の方に伝わるかが重要で、そのために企画書としてまとめるだけの話しです。
類書をだすのもその一環です。
企画書だけで伝えきれないのであれば、サンプル原稿や誌面のデザインイメージを添えても良いでしょう。
難しく考えることなんかないのです。
出来上がりがイメージできて、そのイメージされた本が売れそうであれば、企画は通ります。
最近、この基本的な思考が欠如されている方が多いように思います。
私が日記に書いてきたコトは、この基本的な思考を踏まえた上で、より通りやすい企画書を書くためのテクニックに過ぎません。
もしかしたら、企画書というより、提案書として認識されたほうが分かりやすいかもしれません。
是非、企画書の意義を再確認しましょう。
この基本的な思考が大前提として認識していなければ、どんなに苦労して企画書を作っても、企画は通ることは無いと思ってください。