最近では、書籍が発刊されて、すぐに売れない本は、翌月に1000部以上が返本されてきます。
返本されてしまっては、その後、売れる可能性はかなり下がります。
そこで、自分の著書を息の長い本にするためのポイントです。
それは、「元棚を明確にした企画」です。
元棚とは、書籍が本来置かれる棚のことを言います。
棚は、ご存知の通り、書店にある棚ですが、棚はカテゴリー分けをされております。
つまり、どこのカテゴリーの棚に置くべき書籍なのか明確な書籍が息が長い書籍となるのです。
書籍は、発刊されると、まず、各棚の前に平積みで置かれます。
そこで売れれば、より目立つ場所に移動になります。
しかし、結果がでないと、次の新刊と差し替えられるのですが、その時、置く棚が明確だと、棚差しされますが、どのカテゴリーに置くべき書籍なのかが不明瞭だと、返本されるのです。
大手書店では、棚もかなり細分化されておりますので、置かれたい棚のキーワードが書名に入るようにすると良いでしょう。

そうすることで、あなたもロングセラー作家になることができます。