弊社は、本を書きたい人に向けて出版のノウハウを提供しています。

今までの経験と実績をベースに、その人が書きたい企画をできるだけスムーズに実現できるようにさせるように心がけています。

そのためには、人それぞれに合わせた戦略と書きたい企画に合わせた戦略を融合させた戦略が必要になりますので、そう簡単にできるものではありません。

しかし、アメブロをはじめて思うのですが、出版ブローカーが多すぎます。

とくに著者から出版プロデューサーを名のりはじめる人は、酷すぎます。

私とは違うアプローチで集客している方の場合、一度はセミナーに参加してみたりもするのですが、ほとんど詐欺です。

本当は、もっといろいろ書きたいところですが、それは控えます。

最初は、そんな輩たちに対抗意識を持ったりもしたのですが、やめました。

そこは私の領分ではありませんから…。

より多くの方に著者デビューを実現に導いてあげられるように、もっと、もっと、勉強して、経験と実績を積みながら、今後も、実直に本を書きたい人に向けて出版のノウハウを提供していこうと思います。

何で、こんなコトを書いたかというと…ある出版ブローカーに著者を引き抜かれた上に、その方が出版させることができなかったのですが、それを著者のせいにしたらしく、泣く泣く私のところに戻ってきたということがあったのです。

この記事は、一時でもそんな輩に対抗意識を持った自分への戒めですね。

実直にやっていればいつか分かってもらえるでしょう。

あ、もし、出版を目指しているのなら、この方セミナー はオススメです。

本当は、私も勉強させていただきたいのですが、『編集プロダクションや出版プロデューサーなど、出版関係者お断り』と書かれているので、諦めました。

間違いなく参考になると思いますよ。できたら、私も行きたい…。