最近、いろいろなセミナーなどに出没しているので、いろいろなアメブロガーさんと交流をもたせていただいております。

こういう仕事をしているので、当然、出版…という話しになり、企画書をお預かりします。

その企画書を出版社に見てもらうと、当たり前ですが、ブログはチェックされます。

ブログは見込み客になりうる方々に向けられていますので、皆さん個性的なブログになっていて、それはそれで問題ありません。

しかし、出版社の方が著者として一緒に仕事をするかどうかという視点でそのブログを見ると、あまりに個性的過ぎて引いてしまうことが多いです。

他にも記事の文体やプロフィールの写真なども同様の状況になります。

できたら、出版を目指すのであれば、出版社の方が見たときに「一緒に仕事をしたい」と思えるブログを用意して、そっちのアドレスを企画書に記載していただけると嬉しいです。

ちなみに、あの人も、あの人も、あの人も、ブログで却下されてしまいました。

そんな理解の無い奴は、こっちから願い下げだというのであれば構いませんが、それだけのことで機会損失をしているのはもったいないと思ったので…。