今日は、前々から書いていた『顧問契約が勝手に取れるブランディング戦略セミナー』でした。

一応、シークレットゲストという扱いではあったのですが、そもそもがブランディングセミナーで集まっている方々なので、それほどのサプライズでもなかったみたいです(汗)

で、今日お話ししたのは、「ビジネスに役立つ出版の方法」ということで、出版がもたらす効果や具体的な出版の方法、出版してから実際にビジネスに役立てる方法などについてです。

ただ、はじめて話す内容だったので緊張するは、ホワイトボードの高さが低かったので書きづらくて字が汚いはと、失礼いたしました…。

ま、出版社が主催ということもあり、何でもかんでもしゃべれる環境ではありませんでしたが、コンサルとしてやっていかれる方に「ビジネスに役立つ出版の方法」はお伝えできたと思います。

しかし、通常の出版セミナーでは「出したい本を出す方法」を話し、ゲストで呼ばれた場合は「簡単に出版する方法」を話し、今回のようにブランディングや集客などの関連するセミナーでは「ビジネスに役立つ出版の方法」と、出版も目的や著者のスタンスによっていろいろな道があるものです。

あなたに最適な出版の方法は、また違う方法なのかもしれません。

私も含めて、出版セミナーをしている人は、多数派(王道)の出版の方法をお話ししているとは思いますが、それでも数多ある出版の方法のうちの一つでしかありません。

いろいろ試しても、未だに出版ができていない方もいらっしゃるかもしれませんが、諦めずにいろいろな方法を模索してみてください。

絶対的な答えがあるわけではありませんので、きっと、あなたに最適な方法があると思いますよ。

ちなみに、何でこんなにいろいろな切り口で話しているかというと、毎回、この方が参加者として、または講師としてセミナー会場にいらっしゃるからなんですね。

私も飽きさせないように必死です(爆)