出版デビューしたいと思ったら、まずは書きたいコトを本にしようと思っていませんか?
ほとんどの方の書きたいコトは、書籍になりません。
それは、あくまでも自己満足なので、商業出版ではなく、自費出版で出すべきコトなのです。
では、何を書けばいいのかといえば、お金をいただくに値する情報ということになります。
あなたが周りによく聞かれること、驚かれること、褒められるコトは書くコトを探す上でのヒントになるでしょう。
たとえば、「お宅のお子さんは礼儀正しいですね」と褒められるのであれば、「子どもを礼儀正しく育てる方法」という書籍を出せるということです。
このことは、意外に自分では見つけられにくいようです。
自分で思っているよりも他人の評価は高い場合もありますし、自分が思ってもいないコトが評価されている場合も多いように思います。
現に弊社でもメールで企画書を送ってこられる方よりも、会ってお話しした方の方が出版が決まるのは早いです。
それは、最初にお会いしたときに、そういう棚卸をしっかりやって、本を出す目的、書くネタ、切り口、ターゲットを明確にして、しっかりイメージできる状態にする作業を行っているからに他なりません。
サラッと書きましたが、ネタを決めるだけではなく、そのネタをどうすれば出版社が受け入れやすい切り口になるか、誰に向けて書けばより売れる本になるか、そして、出版することで自分がどうなりたいのかを一緒に考える作業は、業界内の人間と一緒でなくては、なかなか難しい作業なのかもしれません。
ただ、これをやるかどうかが、出版デビューできるかどうかを大きく左右されるのです。