出版社や編集プロダクションに企画を売り込む時は、できる限り、担当者に会うようにしましょう。
企画書をメールで送ると、その企画書が全てです。
その企画書だけで判断されることになります。
さらに、あなたの人柄すらも企画書やメールの文面だけで判断されることになります。
もしかしたら、ほんの少し切り口を変えるだけで企画は通る場合もあります。
しかし、会わないと、その切り口での執筆が可能かどうかの判断ができないため、企画はボツになりかねません。
担当者と話しをすることで、その企画は、より売れそうな企画に進化していきます。
そして、話しをしているうちに、あなたの実績や経験から、もっと面白い企画に切り替わることもありま。
こういうコトは、会って話しをしないと広がらないものです。
現に、私もお会いしたからこそ通った企画はたくさんあります。
なかには、ノープランでただ本を書きたいという方とでも、話しをしていくうちに企画としてまとまったこともあります。
そして、会わなかったから通らなかった企画も多いのです。
人柄についても、企画が通れば、その方と仕事を一緒にすることになります。
仕事をする以上、互いの信頼関係は不可欠です。
しかし、会わないと、メールや企画書の文面でその方の人柄を判断するしかありません。
この方は、「ちゃんと文章を書ける方なのだろうか?」「締め切りは守ってくれるだろうか?」と何かと不安は募ります。
その判断ができないと、たとえ企画は通っても、信頼できるか分からないということで、ボツになることすらありえるのです。
会って話しをすれば、ほんの少しの時間でも、その不安を払拭できますし、そこに信頼関係が芽生えれば、より強固な協力を得られるかもしれません。
(逆により不安になることもありますが…)
わざわざ会いに行くのは面倒かもしれません。
それでも会いに行く価値は、十分にあるのです。