世の中にはたくさんの出版プロデューサーを名乗る方がいらっしゃいます。

一般的に出版プロデューサーというのは、出版希望者と出版社とを仲介するのがお仕事です。

つまり、仲介して、採用されればお仕事は終了となります。

しかし、本当に大変なのはその先です。

原稿の書き方、行き詰った時のアドバイス、原稿のクオリティチェック、出版社との段取りや役割分担、スケジュール管理、販売後のプロモーション…などなど、不安になったり、心細くなったりの連続です。

それでも、仲介してくれた出版プロデューサーの職務は終了しているので、報酬は発生しますが、そういった諸問題は自分自身で乗り越えなくてはならないのです。

本来なら、そこまでキッチリとサポートするべきだと思いますし、そうすることで回避できるトラブルはたくさんあります。

しかし、残念ながら、現状では編集ができない出版プロデューサーばかりです。

そもそも出版プロデューサー自身が編集者出身の方ってあまりいないので、当たり前の話しかもしれませんね。

実際にトラブルが発生してから、私のところに相談に来られる方もけっこういらっしゃいますが、途中からのサポートというのはなかなか難しいものがあります。

まだ業界には弊社のような編集のできる出版プロデューサーの存在というのは少ないのですが、出版プロデューサーを決める時には、その方が編集としてサポートまでしてくれるのかどうかは確認した方が良いと思います。