先日、ある投資情報の会社が連絡をしてきました。

別に本業に関係があるわけではなく、たんに社長に向けた営業でした。

ただ、商売柄、投資系の著者には飢えているので、お会いして、説明を聞いてみたのです。

すると、ガサゴソ、ガサゴソと鞄の中から書籍を取り出しました。

そして、私に「弊社は、このように書籍を出している会社なので安心です」と言わんばかりの営業トークです。

ただ、この書籍、奥付で出版社名を見ると…自費出版の会社じゃありませんか!!

しかも、自費出版の会社といっても大々的に自費出版をやっている会社ではなく、企業に対して販促物になるような書籍を専門で扱っている出版社です。

なので、出版社のサイトを見ると、一見、商業出版のようなラインナップですが、実は、全て自費出版なのです。

これが、もし、一般の企業だったら与信力になるのかもしれませんが、弊社はそのこと知っていたので、その“どや顔”が滑稽でたまりませんでした。

お金を出せば出版できる自費出版では、やはり与信力にはならないと思います。

最近では、悪徳病院などが自費出版でいろいろな書籍を出して、患者さんの信用を得ていた事例も紹介されました。

自己満足な内容であるならともかく、ビジネス書を自費出版で出すのは、逆効果になりかねません。

もし、ビジネス書を出すのであれば、自費出版を商業利用するのではなく、商業出版で発刊することをオススメします。

最終的にコスト換算したら、そんなに変わらないか、むしら安くできると思いますよ。