出版企画書は、企画の内容を客観的に見て、相性の良い出版社に売り込むべきです。
相性とというのは、ブランドイメージや出版社のカラーだと思ってください。

しかし、実は、企画の内容と出版社の担当編集者の相性もあるんです。

編集会議で企画を提案し、通してくれるのは、何を隠そう出版社の担当編集者です。
ということは、その企画がいかにその担当編集者さんのモチベーションを上げられるかにかかっているということになります。
通常ですと、「売れそう」とか、「面白い」といった感情が、そのモチベーションの原動力になりますが、実はそれ以外にもモチベーションが上がる場合があるのです。

それが担当編集者の趣味・趣向と合致した場合。

この場合、もの凄いモチベーションになるみたいです。
「売れそう」とか、「面白い」といった感情ではなく、「この企画をやりたい!」という意思を強く感じました。
今まででは考えられなかった出版社から、今まででは考えられなかった企画が通過してしまうかもしれないぐらいのパワーです。

残念ながら、完全に企画が確定したわけではありませんが、担当編集者の企画へのもの凄い喰い付き方から、ふと、こんなことを思った次第です。