情報商材やe-Book、テキスト、コンテンツなど、呼び方はいろいろありますが、自分の持っている情報をPDFなどにして販売されている方々がいらっしゃいます。
そういう方々を情報起業家と呼ぶのですが、私が出版プロデュースしている方々にもとても多いです。
自分の持っている情報を売られているのですから、当然、書籍の著者になることは、それほど難しいわけではありません。
その情報の販売実績があれば、書籍にしても売れる企画になりうります。
しかも、ほとんどの方がブランディングが目的なので、印税などの条件も寛容です。
また、情報起業家の方々が書籍を書かれると、自らアマゾンキャンペーンなどをして一生懸命売ってくれます。
つまり、情報起業家の方々は、出版社にとって、とてもありがたい著者候補なのです。
しかし、そんな情報起業家の方々に出版業界は厳しいです。
今までも「詐欺集団」呼ばわりをして敬遠してきましたが、今では少し変わってきました。
先日、私が売り込みをした時に言われた言葉です。
「こういうネットワークビジネスをしている人たちは、自分で売ってくれるはずなんだよねぇ~。この方は、どれぐらいのリストを持っていて、どれぐらいの波及効果を見込めるかを聞いて、そこそこの数字が見込めるんなら、やってもいいよ。そうでもしないと、この手の企画は売れないから…。」
正直、悔しい気持ち一杯になりました。
まず、情報起業とネットワークビジネスは違います。
にも関わらず、同類と見なす知識レベルしかなく、そういう人が進行可否を決める現実。
また、企画の内容より販売見込みの数を優先し、完全に足元を見た条件だったこと。
そして、最初から「売れない」と思われているのにも関わらず、販売見込みの数次第で「やってもいいよ」と言えること。
私は、同じ業界の人間として、この全てが残念でなりません。
そして、私と懇意にしていただいている情報起業家の皆さんに申し訳ない気持ちで一杯です。
本は、企画が全てだと思います。
「売れない」と思うのであれば、売れる企画にすることが編集者の仕事の一つのはずです。
しかも、販売を著者に依存しては出版社の役割は何なのでしょう?
本を作るだけなら、印刷所でできますし、販売をしっかりやらないのであれば、自負出版や共同出版と同じです。
こんなことで良い訳がありません。
私は、これからも情報起業家の方々のプロデュースを続け、出版業界での認識を変えていきたいと思います。
逆に情報起業家の皆さんにもお願いがあります。
各出版社で、初めて情報起業家の本が発売されたら、できる限り、販売のお手伝いをしてください。
出版社で最初に出た情報起業家の本の売り上げは、今後の情報起業家の企画を受け入れてくれるかの判断に大きく影響します。
結果的に出版社の思惑に乗るコトになり、しゃくではありますが、まずはそこからだと思うのです。