最近、出版社の担当者と打ち合わせをする場合、ブランディング目的が全面に出ると、足元を見られる傾向があるようです。
本来、書きたいことで書籍を発刊するためには、一般的に自費出版や共同出版という方法になります。
この場合、かなりの費用が発生しますが、商業出版では印税を手にすることができます。
足元を見るような出版だと、「お金じゃない。何より本を出したい!」という強い意志を感じると、とたんに「費用がかからないだけマシでしょ」という態度に変わるようです。
そして、こちら側から先日の日記のような条件を提示する前に、同様の条件を提示してくることがあります。
あくまでも、企画の内容が一般の読者にも受け入れられることが大前提ですが、自分の企画にプライドを持ち、毅然とした態度で対応するように心がけてください。
決して目先の話しで「書籍化」という夢の実現を安売りしないでください。
出版社はたくさんありますので、足元を見られていると感じたら、一旦、保留にして、他の出版社にも売込みをしてみましょう。
どうしても、その出版社でしか実現できないと判断するまでは、いろいろな出版社に売り込みをかけてください。
あなたの企画が、一般の読者にも受け入れられるような企画であれば、きっと正当な評価をしてくれる出版社があるはずです。